【コナン】コナンは病院へ行く時、どうしているの?

0

    JUGEMテーマ:名探偵コナン

    JUGEMテーマ:アニメなんでも

     

     以前、この手の疑問をこのブログサイトで書いたことあったけど(学校に入学する時の手続きや戸籍についてだったっけ?もうあんまり覚えていない)、『江戸川コナン』として生活していくにあたり、困難なことがいくつかある。

     

     戸籍もそうだけど、『パスポート』についても困難が立ちはだかる。

     

     実際に、ロンドンに行く時は苦労した。

     

     ……だけではなく、劇場版『紺青の拳(フィスト)』でも、江戸川コナンとしては行けず、特殊なスーツケースを用意していた怪盗キッドの手によって、やっとシンガポールに行けた(半ば強制的に連れてこられたけど)。

     

     

     病院について考えてみると、過去『命がけの復活』にて、銃で撃たれて瀕死の状態になったことがある。

     

     もちろんその場合、病院へ救急搬送されるけど、江戸川コナンとしての健康保険証は持っていない。

     

     じゃあ、どうするかってことで。健康保険証がないと、医療費がべらぼうに掛かる。

     

     ここは、阿笠博士が立て替えたと考えるのが自然だから、別に疑問なんてないと思う方もいるだろう。

     

     でも、怪我以外でも、風邪を引いて熱を出した時があったコナン。

     

     近くの病院やクリニックに行くとなると、やっぱり必要なのは健康保険証。一緒に住んでいる蘭が付き添いでついていくことになるだろうが、疑問に思わないのだろうか。

     

     「え!?コナン君、健康保険証、無いの?」ってさ。

     

     

     

     蘭がコナンについて、あれこれ世話を焼くのは、コナンが新一に似ているのもあるけど、案外、こういう細かな疑問がコナンにつきまとっているからなのかもしれない。

     

     『命がけの復活』では、蘭の確信が、コナン=(イコール)新一となったことがあった。

     

     あの時はなんとかごまかせたけど、蘭は今も「もしかしたら……」と密かに思っているのかもしれない、と色々想像たくましくしてしまう私であった。

     

     

     ながなーがと読んでくれて、ありかと。

     

     

     

     

     

     


    世良と「領域外の妹」ことメアリー・世良(赤井ファミリーについて)

    0

      JUGEMテーマ:名探偵コナン

      JUGEMテーマ:アニメなんでも

       

       コナンの赤井ファミリーのことで分かっていること。

       

       世良真澄。帝丹高校二年。蘭や園子(それに新一)と同じクラス。新一や蘭とは幼少期に海水浴場で面識があった。

       

       もともと、父、母、兄二人の五人家族であった。

       

       

       父・赤井務武は、ある事件を追いかけている最中、行方不明になる(17年前。妻・メアリーに別離のメールを送る)。今も生死不明である。

       

       上の兄・秀一は、アメリカでFBIとなる。かつては黒の組織にスパイとして潜り込んでいた。その頃、宮野明美と恋人同士だった。それ以前は、ジョディと付き合っていたが別れた。今は、沖矢昴として工藤邸に居候中。バーボン(安室透)とはそりが合わなかった。

       

       下の兄・秀吉は、プロ棋士となり、羽田家の養子となる(羽田浩司は義兄にあたる)。宮本由美婦警とは恋人同士(現在進行形)。

       

       

       末っ子の真純は、赤井から世良へと名字が変わり、現在、「領域外の妹」と名乗る謎の少女とホテル暮らしをしている。父親の友人が金持ちで「領域外の妹」共々援助を受けている。

       

       この「領域外の妹」はどうやら世良真澄の母・メアリーであり、どのような経緯で今の少女姿になったのかは不明。

       

       おそらく、工藤新一や宮野志保と同様に、組織が開発した毒薬・アポトキシン4869を服用したためだと推測される。

       

       

       日本で娘の真純とホテル暮らしをしていたメアリー(領域外の妹)。

       

       夫・務武の手がかりを求め、娘の真純を一人残し、単身ホテルから外出した際、なんらかのトラブルに巻き込まれ、アポトキシン4869を飲まされた可能性がある。

       

       (途中までどっかの船の荷に紛れて、それから泳いで戻って来たのか?くらいずぶ濡れであった)

       

       

       真純は、工藤新一イコール江戸川コナンだと当たりを付け、「領域外の妹」(母・メアリー)を元の姿に戻す為、探りをいれる。さらには、薬の開発者も探し、見つけた証には解毒剤をせしめようと画策中。

       

       コナンや幼児化の薬と関係あると睨み、灰原哀についても探りを入れて初めている。もちろん、灰原哀は警戒している。

       

       真純も「領域外の妹」も眠りの小五郎が実はコナンによるものだと見抜いている。

       

       

       メアリーを幼児化したのが黒の組織と関係あるのかは、まだ明かされていない。だが、世良が「ロンドンでパパに会いに出て行ったママ」と言っていたことから、務武がらみなのは間違いない。

       

       赤井務武と17年前に亡くなった羽田浩司とは何らかの関係がある模様。真純もメアリーも羽田浩司の名に反応していたことがあった(霊魂探偵の殺人事件の際)。

       

       http://kagetotuki285.jugem.jp/?page=1&month=201707

       (羽田浩司と浅香・17年前の迷宮 〜霊魂探偵殺人事件にて)

       

       http://kagetotuki285.jugem.jp/?month=201707

       (領域外の妹 〜霊魂探偵殺人事件にて・その2)

       

       

       真純は、沖矢昴イコール赤井秀一であると気づいていない(単行本97巻時点)。

       

       

       

      コナンDVD、グッズなどがいっぱい

      「名探偵コナン」商品特集(アニメイトオンラインショップ)

       

       

       

       

       


      スコッチについて 〜安室透と諸伏警部との関係で分かっていること

      0

        JUGEMテーマ:名探偵コナン

         

         スコッチ(黒の組織でのコードネーム)

         

         本名は、諸伏景光。

         

         警察の公安に所属。安室透と共に黒の組織内部に潜入していた。以降、黒の組織の監視・諜報活動を行っていた。

         

         

         しかし、黒の組織に公安のスパイだとバレてしまったスコッチ。

         

         赤井がスコッチを逃がそうとした矢先、心配になって駆け付けた安室を組織の人間だと勘違いし、自決する。時期的にみて本編から4年前〜3年前だと思われる。

         

         (ちなみに、赤井が黒の組織を抜けたのはスコッチの件より後で、本編から2年前。この頃、宮野明美にFBIだと正体を明かし別れている)

         

         

         世良真純と面識があり、駅のホームでギターを教えたことがあった。

         

         どうやら、バーボン(安室)やライ(赤井こと諸星大のコードネーム)と黒の組織での仕事をしている最中だったようだ。

         

         この頃、真純は中学生。スコッチの死亡時期からやはり4年前〜3年前くらいの出来事か。

         

         

         警察同期の安室透とは、幼なじみで親友。学生の頃から共に警察官を目指していた。

         

         両親は幼少時に他界。東京の親戚に引き取られる(小学生の頃)

         

         東京で安室透と知り合い、友人として交流が始まる。安室透を「ゼロ」というあだ名で呼んでいた。

         

         

         兄が一人いる。その兄こそ、長野県警の諸伏警部。

         

         兄には警察を辞めて別の仕事に就いたと言っていた。が、しばらく音信不通になっていた。諸伏警部はスコッチ…つまり弟の死を知らされていなかった。

         

         おそらく、黒の組織への潜入捜査が決まったために、スコッチは兄である諸伏警部との連絡を控えた為と考えられる。

         

         

         数年後、伊達刑事の遺品の中から、諸伏警部宛ての封筒が見つかり、警視庁へ直接確認しに行った諸伏警部。

         

         そこで諸伏警部は、穴が開き壊れたスマホを見る。穴は銃弾の跡。スマホ裏面の「H」という一見キズにみえる文字から、弟が公安に配属され、潜入捜査中に命を落とした事を察する。

         

         封筒の裏には「0(ゼロ)」という数字だけ書かれていた。安室透が自分の正体を明かさずに、友人の伊達刑事を通じ、スコッチこと諸伏景光の遺品を、兄である諸伏警部に渡したかったからだろう。

         

         

         諸伏警部は、東都大学時代、東京のカフェで弟・景光と会い、弟から友人である安室透を紹介されていた。つまり安室透と面識があった。

         

         長野雪山廃教会での事件で、諸伏警部は、コナンや小五郎達と一緒にいるのが弟・景光の友人だと気づく。だが、その事件解決後、安室とは言葉を交わさず。初対面のフリをしている?この時、脇田とは初めて顔を会わせる。

         

         直前の黒田管理官との電話のやり取りで何らかの取り決めがあった可能性がある。安室についてなのか、RUMについてなのか、それ以外の事情なのかははっきりしていない(単行本97巻時点)。

         

         

         今後、諸伏警部が、スコッチ……いや、弟・景光の代わりに黒の組織と関わっていくことがあるのだろうか。

         

         

        「名探偵コナン」商品特集(アニメイトオンラインショップ)

         

         

         


        | 1/10PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        Video distribution

        advertisement

        ad

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM