JUGEMテーマ:名探偵コナン

JUGEMテーマ:アニメ感想

 

 前回で講演会会場で起きた事件を解決した毛利のおっちゃん。

 

 今回は、おっちゃんと英理さん、それにスタッフ女性メイちゃんの三人でイベントを続行することに。

 

 メイちゃんは探偵のニューフェイスって事でイベント参加だったが……。

 

 

 やっぱりメイちゃん、英理さんが手がけた事件の関係者だったのね。というか大学教授殺人事件の容疑者の妹だった。

 

 英理さんが兄の国選弁護人を降りたのが納得いかなかったらしい。

 

 講演会会場で起きた事件を利用して、イベント参加で自身も登壇する流れにもっていったのは、英理さんを問い詰めるためだったのか。わざわざそんな面倒しなくても、直接事務所に聞きに行けばよかったのでは…と思ったけど、英理さんの性格じゃ言わんだろうな。

 

 

 それで更に面倒になった大講演会。しかも、大学教授殺人事件の真実とは込み入ったものだった。

 

 メイちゃんの兄は、妹(メイちゃん)の海外での不正入学について被害者から脅されていたようだ。母親がメイちゃんの不正入学の際、被害者である大学教授に金を渡していたから。

 

 それで更に恐喝されて殺人事件は起きたという事で、論文が原因じゃなかったのかぁ。このことは、容疑者の妹メイちゃんには伝えられていなかった。お兄さんが言わないでくれと頼んだのだろう。英理さんが国選弁護人から外されたのはそのためか。英理さんは裁判で真実を明らかにしたいと思っていたようだ。

 

 

 なんだい結局原因は、メイちゃんだったんかい!

 

 もっともメイちゃん自身は、母が被害者にお金を渡した事も、兄の真意も知らなかったが。

 

 ナイフを自分に向けるメイちゃんを止めたのは、ちゃっかり眠りから目覚めた毛利のおっちゃんだった。やるときゃーやるよね。

 

 

 今回も少年探偵団が地味に活躍。雑誌の切り抜きについて調べてくれた。こっちもやるときゃーやる人たち。

 

 コナンも哀ちゃんもサッカーの試合には行けなかった。コナンの中では、事件>サッカーの試合、なのか?

 

 いろいろ事件が重なった話だったが、(本人は必死だったにしても)メイちゃんに振り回されたという感想が残る。

 

 

 

JUGEMテーマ:名探偵コナン

JUGEMテーマ:アニメ感想

 

 前回の前編で分かった事。

 

 大講演会会場の施設オーナーを殺害したのが、杖の老人(前支配人)だったのは、毛利のおっちゃんの推理で判明。

 

 しかし、同時刻に起こったもう一つの殺人、俳優殺しについては犯人は別にいるようで……。

 

 

 まず、結論から先に。俳優殺しの犯人は警備員だった。

 

 その犯行理由をざっくり言うと。

 

 以前、今回被害に遭った俳優の警備をしたことがあった。だが、トラブルで責任をなすりつけられた挙句、悪い噂を吹聴され、仕事がこなくなり自身の会社に影響が出た、ということらしい。倒産しちゃうかもと思ったら、腸煮えくりかえったのだろう。

 

 

 犯人の警備員が密室を作るのに使用したのは、伸縮式の警棒だったのか。アリバイ工作には、被害者の腕時計を意図的に壊し、時間を操作した。

 

 かつての仕事道具を犯行に使っちゃったのか。本人を目の前にして、頭に血が上ったのだろう。本人も「許せなかった」と言っていたしさ。

 

 毛利のおっちゃん、コナンやメガネ女性スタッフの何気ないヒントで犯人に辿りついた。メガネ女性、オーナー殺しとも俳優殺しとも関係なかったのか……。なんだろうこのモヤっとする感じ。

 

 

 二つの事件解決後に一息つく頃、英理さんが到着。

 

 小五郎とイベント出演予定が三人いたのに、英理さんだけになってしまった事態(一人は殺害され、もう一人はキャンセル)。

 

 このまま、小五郎と英理の二人でイベントやるのかな、と思ったら、あのメガネ女性スタッフが現れて……。

 

 

 もしかして、この流れ。小五郎と英理と、それにメガネ女性スタッフと三人でやるのかな。トークイベントを。

 

 推理力がありそうだし。訳ありそうなのが気になるけど。何者だろう。他のスタッフは「芽衣(メイ)ちゃん」て呼んでたなぁ。

 

 犯行現場に置かれていた新聞や雑誌の切り抜きと石は、この芽衣ちゃんが置いたの?小五郎は事件に関係ないとスルーしたけど。

 

 

 それとも、英理さんが関わっている事件と関係があるのか?

 

 

 

JUGEMテーマ:名探偵コナン

JUGEMテーマ:アニメ感想

 

 前回の『グランピング怪事件』が何ともいえないような微妙なオチだったので「今回はどうだろう」と思っていた。

 

 そもそもさ、カニアレルギーの人に無理やり食わせようとしちゃあ、いかんだろう。

 

 それで今回はというと、微妙とまではいかなかったので、内心安心した。

 

 まだ前編だけど……。

 

 

 今回のサブタイ『毛利小五郎大講演会(前編)』

 

 冒頭、小五郎と英理さんの険悪な雰囲気から始まった。この二人が会うとお約束な展開だねぇ。

 

 小五郎のおっちゃん、ついに大講演会の話がきたんだ〜(アニオリ話だけど)。

 

 この大講演会には英理さんも出演予定。

 

 

 小五郎が酒飲んで、調子にのって、酔っ払って、大丈夫かよ大講演会とツッコミ入れたくなる頃に殺人事件が発生。

 

 被害者は、小五郎の大講演会でイベント出演予定の俳優。

 

 小五郎は犯人のトリックを暴いて、犯人である杖の老人を名指しし、事件は解決した。

 

 ……かと思いきや、小五郎が名指しした犯人は犯人に違いないが、事件現場の楽屋とは離れている非常階段での別事件だった。

 

 

 同時刻、非常階段下では、姿が見えなくなった会場施設オーナーが亡くなっていたのだ。

 

 これ、俳優殺しとオーナー殺しは、犯人が別だよね、たぶん……。

 

 オーナー殺しは、オーナーに契約を切られた杖の老人だとしても、俳優さんを殺ったのは誰だろう?

 

 あのメガネの女性スタッフが怪しんだけど、フェイクかな?

 

 

 

 コナン劇場版2020年、タイトルが出た。

 

 『緋色の弾丸』だね。

 

 赤井秀一がキーパーソンという情報を得た時点で、タイトルは緋色のなんちゃらだと想像していたけどさ。

 

 2020は赤井ファミリーに特にスポットライトが当たりそうですな〜。

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

advertisement

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM