文豪ストレイドッグス 第29話「咎与うるが神の業」 感想

0

    JUGEMテーマ:アニメ感想

    JUGEMテーマ:アニメなんでも

     

     太宰&中也、過去話とは打って変わって、現在時間軸に戻った今話。

     

     

     ポートマフィア五大幹部A(エース)とフョードル・Dの戦い。というか頭脳戦。

     

     カジノのディーラーとして元締めとして、金の力でのし上がってきたA。猜疑心が強く、自分の部下達に首輪を付ける念入りさ。

     

     Aの持つ異能力は、相手の命を宝石に変えるというもの。実際、いとも簡単に部下の命を奪い宝石に変えていた。

     

     だが、フョードルの頭脳の前では全く歯が立たず、誤った情報を鵜呑みにし、自分の首を吊って自分を殺してしまうという残念な結果になってしまった。

     

     

     プロの誘拐屋に誘拐されたところから、フョードルの計略は始まっていたわけで、一体何手先まで読んでいるんだ?

     

     52枚のトランプカードを傷などで、数字の大小、つまり相手のカードよりハイかロウかを当てたのかい。しかも、時計や入り口をワインやコルクで故障させ、あたかも異能空間にいるように見せかけるなんて。しびれた。

     

     フョードルは、Aが密かに情報を集めていた、ポートマフィアの異能力リストを手に入れるのが目的だったらしいね。最後は、Aの船事、Aの部下も始末し、去って行った。

     

     首輪をつけられたAの少年部下(カルマだっけ)が、最期に首輪が取れ解放されたのがせめてもの救い、となるのか。うーん、でも嫌だな、こういうの。

     

     フョードルの次の目的は、ポートマフィアと武装探偵社。バトル始まりかな。

     

     今回、太宰さんも敦君も出番無し。敦君主役なのに、三期始まって、まだ一回も出てない?


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.03 Monday
      • -
      • 16:33
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      Video distribution

      advertisement

      ad

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM