ボスの正体について、コナンと哀の雑談形式で……!

 

 

 

 

 ◇◇◇  

 

 コナン「なぁ。黒ずくめの組織のボスって誰なんだ?」

 

 コナンが、ふと思い出したかのように組織のボスについての疑問をつぶやく。

 

 哀「組織のボスの正体?知らないわね。いきなり何なのよ」

 

 コナン「黒ずくめの組織の奴らと何度かやり合ってきたけど、

    未だボスについては影も形も見えねぇ」

 

 哀「そういえば、読者の予想意見のなかには、

  工藤優作っていうのがあったわねぇ」

 

 コナン「まさかの親父!?」

 

 哀「主人公の父親が、ラスボスなんて、

  いかにも少年漫画らしいじゃない?」

 

 コナン「……いや、それはねぇよ。それだと王道すぎる。

    今更そんなストレートな展開になるとは思えない。

    それに、あの親父は、年がら年中、

    推理のことしか考えてない推理バカだろうし」  

 

 哀「息子にまで推理バカと言われてるようじゃ、その線はないようね。

  でも、推理バカは、あなたも同じでしょう」

 

 コナン「悪かったな、推理バカでよ」

 

 

 哀「あと、読者の中では、阿笠博士って予想が多かったわね」

 

 コナン「何!?博士が??」

 

 阿笠博士「ワシがどうかしたかの?」

 

 コナン「博士……噂をすれば」

 

 哀「黒ずくめの組織のボスの正体のことについて話していたの。

  読者の中では、博士という予想が多かったのよ」

 

 阿笠博士「なんと!……でも、まぁ分かる気もするけどのう。

     ほら、ワシ天才じゃから。ファッ、ハッハッハッ!!」

 

 

 コナン・哀「(絶対、コイツはありえねぇ!!)」

 

 

 

 

 ◇◇◇

 

 哀ちゃんは、以前、ボスの正体について「到底信じがたいような人物」みたいなことを本編で言っていたような気がする。どこでだったっけ?

 

 ……そんなことを思いながら、キャラ雑談を書いてみました。

JUGEMテーマ:夏目友人帳

 

 夏目友人帳 陸 第7話「ゴモチの恩人」花花

 

 

 夜中に夏目の元へ訪れたゴモチは、夏目の祖母レイコに対して、ご恩とご報告があるのでやって来たらしい。夏目とニャンコ先生は、ゴモチに祖母レイコから受けた恩のことについて話を聞くが……。

 

 

 キブネという美しい妖を巡ってケンカを繰り広げるセンキとヒャッコに、私が勝ったらキブネから手を引くようにと勝負を挑むレイコさん。センキとヒャッコは、キブネにそのつもりはないのに、どちらがキブネを嫁にするかで勝手な争いをしていた。レイコさんはキブネの為じゃないというそぶりを出していたものの、やっぱりキブネの為だったのだろう。

 

 最終的に、レイコさんが勝負に勝って、キブネは自由になりましたから。

 

 世話になっている人たちの事を「気の毒な人たち」と言うところに、レイコさんのどこか諦めのような自虐的な面が出ていた。レイコさんに関する妖たちの体験談を聞く度、彼女は本当に独りだったんだな…と。

 

 そして、ゴモチのご報告は、キブネとの結婚が決まったことでした。その挙式に招待された夏目は、ニャンコ先生と共に参加をする。レイコさんがつなげたご縁ですね。幸せそうなゴモチ&キブネを見て、夏目は嬉しそうでした。

 

 そして、挙式よりタダ酒に嬉しいニャンコ先生……(笑)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:夏目友人帳

 

 夏目友人帳 陸 第6話「西村と北本」

 

 西村と北本が、初めて夏目に会った頃のお話し。

 

 めずらしいですね。この二人の話。前半は西村の視点から、そして後半は北本視点から描かれていました。

 

 

 今回のお話では、西村と北本の家庭事情にも触れていました。

 

 西村の方は、兄が受験生で模試が近く、家の中がピリピリしている。母親に弁当を作ってもらえない。一軒家に住んでいる。

 

 北本の方は、父親が大病を患い、快方に向かっているものの心配でたまらない。明るくかわいい妹がいる。アパートに住んでいる。

 

 ……とまあ、こんな感じでしたね。

 

 

 先に、夏目と仲良くなったのは、西村の方でした。気さくだもんねぇ…西村。何となく分かるよ。それから、北本も夏目と仲良くなり、二人して色々なところに連れて行ったみたいですね。人付き合いの経験の少ない夏目が見せる反応が面白かったらしい。

 

 家族の居ない夏目に、兄の話をしてしまい気にする西村と、夏目のように家族が居なくなってしまったら…と想像し怖くなる北本。折り紙の鶴の折り方、進路のこと、悩み、気づかいetc……。やさしいんですね…三人とも。高校生らしいように見えるけど、現実世界に、こんな子たちはあんまりいない。

 

 今の子たちは、きっと、もっとドライよ……。

 

 妖怪の見えない人からみると、夏目が急に大声を出したり、ブツブツ言っているのをみたら、かなり不審にみえるよ。夏目はなんとかごまかしているけど。普通は、信じられないからねぇ…妖怪が見えるなんて。さすがに、西村と北本は信じないと思う。

 

 妖の気配に敏感な田沼や、妖の見える陣を持つタキが珍しいのさ。西村と北本は、夏目と妖怪との関わりの事、知らないままなんだろうなぁ。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

advertisement

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM